不景気になると増加する!?

2010年に貸金業法が改正されて以降、クレジットカード現金化を利用する人が急増したといわれています。世の中は不景気が続き、生活苦から仕方なく借金を重ねている人は多数います。借金を希望する人はどんどん増加する中、法改正などの影響でそれまでよりもお金を借りることが難しくなりました。

 

「すぐに現金が必要だけど、なかなかお金を貸してもらえない」と困窮した人の拠り所となっているのが、クレジットカード現金化です。カードの現金化なら厳しい審査もなく、ショッピング枠に余裕さえあれば現金を手にすることができます。「不景気になるとクレジットカード現金化が増加する」と言われるのはそのためです。

 

クレジットカード現金化には自分で商品を買って現金化する方法と、専門の業者を利用する方法があります。業者を利用する場合は「商品買い取り型」と「キャッシュバック型」があります。手順としては「クレジットカードで商品を購入して、買った商品を現金で買い取ってもらう」という流れになります。自分で現金化する場合は「カード会社の規定に違反しないのか」の確認を、また、専門業者を利用する場合は「悪徳業者に騙されていないか」といった注意を怠らないようにしましょう。