タグアーカイブ | 換金率

友達紹介はお互いにお得になる

現金が必要になったときに手軽に利用できるクレジットカード現金化ですが、利用するに当たり業者選びは慎重になる必要があります。それは業者によって換金率が異なるからです。業者に支払う手数料は少ない方が得になりますので、業者同士の換金率やキャンペーンを比較してより良い条件で利用することができる業者を選んだほうがいいでしょう。換金率を比べてみてどこの業者もそれほど大差がないと感じられた時は、キャンペーンを利用するのも一つの手段です。

 

業者ごとに定期的にキャンペーンを実施していますので、それを利用することでよりお得にクレジットカード現金化のサービスが利用できるのです。キャンペーン内容はその業者によって異なりますし、受けられるサービス内容も業者によって異なります。いろいろなキャンペーンを実施しているのですが、どこの業者でもお友達紹介キャンペーンを実施しています。お友達を紹介することで、紹介した人と紹介された人の両方に換金率のアップやキャッシュバックといった特典が受けられるようになります。もしも自分と同じように現金を必要としている友達や知人が周囲にいるのであれば、クレジットカード現金化を紹介してみましょう。

気になる換金率のポイント

「カード現金化をしたいんだけど、やっぱり決め手はどれだけ換金率が良いかだよね」
カード現金化を行う際に、どうしても気になるのが換金率ですよね。
商品を購入すると、どのくらいのキャッシュバックが得られるのか…これは非常に重要なポイントです。

まず、あまりにも換金率が高い…例えば100%とか、9割以上とかのように、非常に高い換金率を謳っているショップの中には実は悪徳業者も多かったりするのです。
それゆえに、まずは実績や信頼が厚いショップなのかを判断した上で、ショップのサイトをチェックすると良いでしょう。
優良のカード現金化ショップの場合、多くは換金率が掲載されています。
換金率を明らかにしていないショップは、むしろ怪しいと思っても良いでしょう。

換金率は非常に重要なポイントであり、それを明らかにしているかどうかはもちろんのこと、やたらと高い換金率でも疑う必要があるのです。
例えば、90%以上の換金率を謳っているカード現金化業者があったとしましょう。
確かに、商品を購入し、キャッシュバックされるのは金額の9割以上かもしれません。
しかし、実際に申し込みをしてみると、キャッシュバックの割合は9割以上でも、「こちらはこの手数料がかかるので引かせていただきます」なとといったように、やたらと手数料ばかり引かれて、結果的に戻ってきたお金はかなり低くなってしまったということも実際にあるのです。
つまり、換金率が高くても、手数料を多く取られてしまうのでは意味がないため、その点は利用する前にしっかりと確認することが大切です。

つまり、あまり換金率ばかりに目が行き過ぎてしまうと、そればかりに気を取られがちになり、カード現金化ショップの実体が見えてきません。
換金率はどのくらいなのかということともに、実際にいくらの商品を購入すれば、いくらのキャッシュバックがあるかという具体的な金額も事前にしっかりとチェックしておくと、より安心してカード現金化が行えるでしょう。

換金率だけでは危険!

クレジットカード現金化を行う際、業者選びの大事なポイントとなるのはやはり換金率でしょう。サービスを何度か利用して慣れてくればくるほど換金率が業者選びを決定付ける重要な要素となっていく傾向が見られます。

 

この換金率とはショッピング枠をどれだけの比率で現金にすることができるかを示す数字です。つまり換金率が95パーセントの業者はショッピング枠の95パーセントを現金にしてくれることができるわけです。となるとできるだけ換金率が高い方がショッピング枠の限度内でより多くの現金を手に入れることができる形になります。

 

ただ、現金化サービスを何度も利用する際にはもうひとつ、換金率に潜む重要なポイントも把握しておきたいところです。この換金率は事実上金利でもあるからです。つまり換金率95パーセントのところは単純に考えて5パーセント分を自分たちの利益として懐に入れている計算になります。実際にはクレジットカードの利用料やショッピング枠を利用して購入した製品を金券ショップなどで売却した時の差額などもあるので業者の利益はやや少なくなりますが、いずれにしろ利用する側にとっては5パーセント分の金利を払っているのと同じ形になります。

 

ですから、換金率によっては消費者金融でお金を借りた方が負担が少ないケースも考えられるのです。手軽に利用できるサービスなのでついつい何度も使ってしまいがちですが、資金調達が必要になった場合には本当に現金化のサービスが一番お得なのか、適切な選択肢なのかどうかをよく検討した上で判断した方がよいでしょう。