賃貸の契約更新月に現金化を利用しよう

賃貸住まいの方は、契約更新の月がやってくると頭が痛くなってしまう、ということありませんか。
いつものことだから分かっているはずなのに、ついついうっかり忘れてしまいやすいのが賃貸マンションなどの契約更新月です。

契約更新月がやってくると、家賃が2倍以上になってしまうこともあります。
準備していなければ、かなりの出費ということがいえるのではないでしょうか。
そんなときにも使えるのが、クレジットカード現金化です。
クレジット現金化なら、通常の買い物のように支払い方法を選べますので、更新月を忘れていたというときにも後からフォローが可能ということになります。

逆に、覚えていたとしても一括でしか払う方法がなかったのですが、クレジットカード現金化を利用することでリボ払いや分割払いなど毎月の出費として分散させることもできます。
支出の計画がたてやすくなるというのが、クレジットカード現金化の大きなメリットといえるでしょう。

どれぐらいの金額が現金化に適している?

どれぐらいクレジットカード現金化を利用すればよいのか、それは必要な最小限の金額だけ、ということになります。
キャッシングなどでも、返済できなくなってしまうのには、「ちょっとだけ多めに」ということが原因になってしまうのです。

クレジットカード現金化も同様に、せっかく利用するのだから10万円必要だけれど20万円現金化しておこう、としてしまってはいけません。
クレジットカード現金化の手間が面倒だから、と多めに利用してしまえばいいか、どうせお金は必要だし…、と考えてしまいやすのですが、これではキャッシングの「借りすぎ」という状態となってしまいます。

必要なお金でなくても、持っていれば使ってしまう、これが人間というものです。
クレジットカード現金化は、その方法が分かってしまえば手間も面倒もかかりません。
むしろキャッシングを利用するよりも、スムーズに現金を手にすることができるほどなのです。
その利便性を実感するためには、必要な金額を必要な時に利用すること、これがとても重要なことといえるでしょう。

換金率だけでは危険!

クレジットカード現金化を行う際、業者選びの大事なポイントとなるのはやはり換金率でしょう。サービスを何度か利用して慣れてくればくるほど換金率が業者選びを決定付ける重要な要素となっていく傾向が見られます。

 

この換金率とはショッピング枠をどれだけの比率で現金にすることができるかを示す数字です。つまり換金率が95パーセントの業者はショッピング枠の95パーセントを現金にしてくれることができるわけです。となるとできるだけ換金率が高い方がショッピング枠の限度内でより多くの現金を手に入れることができる形になります。

 

ただ、現金化サービスを何度も利用する際にはもうひとつ、換金率に潜む重要なポイントも把握しておきたいところです。この換金率は事実上金利でもあるからです。つまり換金率95パーセントのところは単純に考えて5パーセント分を自分たちの利益として懐に入れている計算になります。実際にはクレジットカードの利用料やショッピング枠を利用して購入した製品を金券ショップなどで売却した時の差額などもあるので業者の利益はやや少なくなりますが、いずれにしろ利用する側にとっては5パーセント分の金利を払っているのと同じ形になります。

 

ですから、換金率によっては消費者金融でお金を借りた方が負担が少ないケースも考えられるのです。手軽に利用できるサービスなのでついつい何度も使ってしまいがちですが、資金調達が必要になった場合には本当に現金化のサービスが一番お得なのか、適切な選択肢なのかどうかをよく検討した上で判断した方がよいでしょう。