友達紹介はお互いにお得になる

現金が必要になったときに手軽に利用できるクレジットカード現金化ですが、利用するに当たり業者選びは慎重になる必要があります。それは業者によって換金率が異なるからです。業者に支払う手数料は少ない方が得になりますので、業者同士の換金率やキャンペーンを比較してより良い条件で利用することができる業者を選んだほうがいいでしょう。換金率を比べてみてどこの業者もそれほど大差がないと感じられた時は、キャンペーンを利用するのも一つの手段です。

 

業者ごとに定期的にキャンペーンを実施していますので、それを利用することでよりお得にクレジットカード現金化のサービスが利用できるのです。キャンペーン内容はその業者によって異なりますし、受けられるサービス内容も業者によって異なります。いろいろなキャンペーンを実施しているのですが、どこの業者でもお友達紹介キャンペーンを実施しています。お友達を紹介することで、紹介した人と紹介された人の両方に換金率のアップやキャッシュバックといった特典が受けられるようになります。もしも自分と同じように現金を必要としている友達や知人が周囲にいるのであれば、クレジットカード現金化を紹介してみましょう。

不景気になると増加する!?

2010年に貸金業法が改正されて以降、クレジットカード現金化を利用する人が急増したといわれています。世の中は不景気が続き、生活苦から仕方なく借金を重ねている人は多数います。借金を希望する人はどんどん増加する中、法改正などの影響でそれまでよりもお金を借りることが難しくなりました。

 

「すぐに現金が必要だけど、なかなかお金を貸してもらえない」と困窮した人の拠り所となっているのが、クレジットカード現金化です。カードの現金化なら厳しい審査もなく、ショッピング枠に余裕さえあれば現金を手にすることができます。「不景気になるとクレジットカード現金化が増加する」と言われるのはそのためです。

 

クレジットカード現金化には自分で商品を買って現金化する方法と、専門の業者を利用する方法があります。業者を利用する場合は「商品買い取り型」と「キャッシュバック型」があります。手順としては「クレジットカードで商品を購入して、買った商品を現金で買い取ってもらう」という流れになります。自分で現金化する場合は「カード会社の規定に違反しないのか」の確認を、また、専門業者を利用する場合は「悪徳業者に騙されていないか」といった注意を怠らないようにしましょう。

即日送金は申込者にも条件がある

何度もクレジットカード現金化サービスを利用している方でも陥りやすいのが送金日の間違いです。「即日送金」の言葉に釣られて利用したはいいものの、実際にはその日のうちに現金を確保できないケースも多いのです。

 

これには二つの理由が考えられます。まず悪質な業者に騙され、いつまで経っても送金されないケース。そしてもうひとつは送金の仕組みをよく理解していなかったか、業者側が意図的に曖昧にしていたケースです。

 

キャッシュバック方式の現金化サービスは利用者が指定した銀行口座に現金が送金される形になります。ですから送金される日時は銀行の営業時間に左右されるのです。この点は初心者にも理解できますが、業者側がこの点についてどう対応しているのかを理解するのが難しい面もあるのです。「即日送金なのでその日のうちに資金調達が可能」と書かれている同じページに「15時以降の申込では送金は翌日以降になります」と矛盾したようなことが書かれていることも少なくありません。

 

こうした送金日の問題に関しては24時間いつでも送金ができるネットバンクによって対応している業者がほとんどです。ただ業者によっては利用できるネットバンクが非常に限られていることが多く、事実上即日融資が利用できないケースも少なくありません。現金化に慣れてくるとさまざまな業者を利用する機会が出てきますから、この点についてはあらかじめ確認する習慣を身につけたいところです。換金率だけに注意を向けていると陥りやすい失敗でもあります。

スキミングの被害

カード現金化サービスとは実質クレジットカードを利用して融資を受けることですが、実際に行うことは「クレジットカードでのショッピング(大抵の場合ネットショッピング)」です。
つまり単なるお買い物。
ですからカード現金化サービスを利用するに当たり、業者に自分のクレジットカードを預ける必要などありません。
カード利用者の信用度を調べるにしても、カード番号さえあれば分かるはずのことです。

しかしカード現金化の仕組みをきちんと理解せずに利用しようとする人の中には、業者を装った詐欺に遭い、クレジットカードを預けてしまう人がいます。
うまく利用者のクレジットカードを手に入れた詐欺業者は、スキミングによってカード内にある磁気記録情報を勝手に盗み読み、偽造カードを作って利用します。
そうするとクレジットカード所有者には全く身に覚えのない請求がくることになってしまうのです。

従って、カードを預けるように勧められる業者には注意してください。
そもそもクレジットカードは、利用規約の中で「貸与禁止」となっているはずです。
クレジットカードはカード会社に所有権があり、利用者はカードを借りている立場であるからです。
従ってカード現金化サービス業者にクレジットカードを貸したとすれば、今後カードが一時使用停止になったり剥奪されたりする可能性もあることを覚えておきましょう。

気になる換金率のポイント

「カード現金化をしたいんだけど、やっぱり決め手はどれだけ換金率が良いかだよね」
カード現金化を行う際に、どうしても気になるのが換金率ですよね。
商品を購入すると、どのくらいのキャッシュバックが得られるのか…これは非常に重要なポイントです。

まず、あまりにも換金率が高い…例えば100%とか、9割以上とかのように、非常に高い換金率を謳っているショップの中には実は悪徳業者も多かったりするのです。
それゆえに、まずは実績や信頼が厚いショップなのかを判断した上で、ショップのサイトをチェックすると良いでしょう。
優良のカード現金化ショップの場合、多くは換金率が掲載されています。
換金率を明らかにしていないショップは、むしろ怪しいと思っても良いでしょう。

換金率は非常に重要なポイントであり、それを明らかにしているかどうかはもちろんのこと、やたらと高い換金率でも疑う必要があるのです。
例えば、90%以上の換金率を謳っているカード現金化業者があったとしましょう。
確かに、商品を購入し、キャッシュバックされるのは金額の9割以上かもしれません。
しかし、実際に申し込みをしてみると、キャッシュバックの割合は9割以上でも、「こちらはこの手数料がかかるので引かせていただきます」なとといったように、やたらと手数料ばかり引かれて、結果的に戻ってきたお金はかなり低くなってしまったということも実際にあるのです。
つまり、換金率が高くても、手数料を多く取られてしまうのでは意味がないため、その点は利用する前にしっかりと確認することが大切です。

つまり、あまり換金率ばかりに目が行き過ぎてしまうと、そればかりに気を取られがちになり、カード現金化ショップの実体が見えてきません。
換金率はどのくらいなのかということともに、実際にいくらの商品を購入すれば、いくらのキャッシュバックがあるかという具体的な金額も事前にしっかりとチェックしておくと、より安心してカード現金化が行えるでしょう。

安心して利用できる業者を選ぶこと

初心者だろうと何度もサービスを利用していようとクレジットカード現金化を利用する際には安心して利用できる業者を選ぶことが最大のポイントです。むしろ何度も利用しているほどいろいろな業者に手を出したり、欲を出して換金率の高さばかりを見てしまうといった理由で悪質な業者に引っかかってしまう機会が多くなります。それだけに安心して利用できる業者のポイントしっかりと踏まえておくことが大事です。

 

安心できる業者かどうかを確かめるポイントとしてはまず電話番号や住所がホームページにしっかりと掲載されているかどうかが挙げられます。また掲載されている場合も念のためにネット上の住所検索で確認しておくとよいでしょう。実際に住所どおりの場所に店舗・事務所があれば一安心です。じつはヤミ金業者などが現金化サービスを行っていることが多く、住所を調べてみるとそうした業者の事務所に行き当たることも多いのです。この点は初心者よりもむしろ2度目、3度目と現金化を利用する方にオススメのチェック方法です。驚くくらい換金率が高い、使い勝手がよさそうな業者を見つけた場合には本当に大丈夫なのかどうか、この方法で確認してみましょう。突っ張りかけた欲の皮を少し抑える効果も得られるはずです。

 

それから連絡した時の対応。よく見られるのがこちらが電話番号非通知の状態で連絡するとまともに応対してくれないこと。こうした業者は個人情報を獲得するのが目的のことが多く、不用意に教えると後日勧誘など面倒なことになるので気をつけましょう。こうしたサービス内容以前の段階でチェックできるポイントで、早い段階で見切りをつけることが悪質な業者に騙されないためのコツです。

現金化の実質上の利息

よく質問に出ることもありますが、クレジットカードの現金化サービスは金融サービスではありません。現金化業者と利用者の間にお金の貸し借りはなく、単にショッピング枠を使って現金を捻出し、それを業者が利用者に支払っているだけです。お金の貸し借りではないので返済はありません。そしてもちろん利息もありません。それならば現金化を利用したらどこにもお金を返さなくても良いのかというと、そんなことはありません。現金化をしたクレジットカードの利用代金をカード会社に支払う必要があります。お金の貸し借りではないので返済という言葉は使われませんが、現金化をした人にとってはこれが実質上の返済となります。
ではお金を借りたときに必ずついてくる利息についてはどうでしょうか。先ほども申し上げたように現金化はお金を借りているわけではないので、現金化業者に返済する義務がありません。返済するものがないので利息もありません。ですが支払い時に全く利息がないのかというとそんなことはありません。利用をしたカード会社に対して支払いをする際、分割手数料という形で上乗せがあるので、それが実質上の利息ということになります。この分割手数料は、分割であるところがポイントです。

 

<<分割手数料の攻略法>>
ほとんどのクレジットカードは利用代金を一括か分割かという支払い方法を選べます。現金化を利用する人の多くはお金がなくて利用しているのですから、翌月一括を選択する可能性は低く、ほとんどの場合は分割払いやリボ払いを選択するでしょう。その時にカード会社に加算されるのが分割手数料です。全てのカード会社がそうであるというわけではありませんが、翌月一括払いであれば分割払いではないので手数料が発生しません。どうしても事実上の無利息で現金化を利用したいのであれば、翌月一括払いにすればOKです。
ちなみにこの分割手数料ですが、ほとんどのカード会社は14%前後の設定になっています。利用金額によってはもっと低くなることもあるので、全体的にキャッシング金利よりも低く、これが現金化がお得だと言われている所以です。

賃貸の契約更新月に現金化を利用しよう

賃貸住まいの方は、契約更新の月がやってくると頭が痛くなってしまう、ということありませんか。
いつものことだから分かっているはずなのに、ついついうっかり忘れてしまいやすいのが賃貸マンションなどの契約更新月です。

契約更新月がやってくると、家賃が2倍以上になってしまうこともあります。
準備していなければ、かなりの出費ということがいえるのではないでしょうか。
そんなときにも使えるのが、クレジットカード現金化です。
クレジット現金化なら、通常の買い物のように支払い方法を選べますので、更新月を忘れていたというときにも後からフォローが可能ということになります。

逆に、覚えていたとしても一括でしか払う方法がなかったのですが、クレジットカード現金化を利用することでリボ払いや分割払いなど毎月の出費として分散させることもできます。
支出の計画がたてやすくなるというのが、クレジットカード現金化の大きなメリットといえるでしょう。

どれぐらいの金額が現金化に適している?

どれぐらいクレジットカード現金化を利用すればよいのか、それは必要な最小限の金額だけ、ということになります。
キャッシングなどでも、返済できなくなってしまうのには、「ちょっとだけ多めに」ということが原因になってしまうのです。

クレジットカード現金化も同様に、せっかく利用するのだから10万円必要だけれど20万円現金化しておこう、としてしまってはいけません。
クレジットカード現金化の手間が面倒だから、と多めに利用してしまえばいいか、どうせお金は必要だし…、と考えてしまいやすのですが、これではキャッシングの「借りすぎ」という状態となってしまいます。

必要なお金でなくても、持っていれば使ってしまう、これが人間というものです。
クレジットカード現金化は、その方法が分かってしまえば手間も面倒もかかりません。
むしろキャッシングを利用するよりも、スムーズに現金を手にすることができるほどなのです。
その利便性を実感するためには、必要な金額を必要な時に利用すること、これがとても重要なことといえるでしょう。

換金率だけでは危険!

クレジットカード現金化を行う際、業者選びの大事なポイントとなるのはやはり換金率でしょう。サービスを何度か利用して慣れてくればくるほど換金率が業者選びを決定付ける重要な要素となっていく傾向が見られます。

 

この換金率とはショッピング枠をどれだけの比率で現金にすることができるかを示す数字です。つまり換金率が95パーセントの業者はショッピング枠の95パーセントを現金にしてくれることができるわけです。となるとできるだけ換金率が高い方がショッピング枠の限度内でより多くの現金を手に入れることができる形になります。

 

ただ、現金化サービスを何度も利用する際にはもうひとつ、換金率に潜む重要なポイントも把握しておきたいところです。この換金率は事実上金利でもあるからです。つまり換金率95パーセントのところは単純に考えて5パーセント分を自分たちの利益として懐に入れている計算になります。実際にはクレジットカードの利用料やショッピング枠を利用して購入した製品を金券ショップなどで売却した時の差額などもあるので業者の利益はやや少なくなりますが、いずれにしろ利用する側にとっては5パーセント分の金利を払っているのと同じ形になります。

 

ですから、換金率によっては消費者金融でお金を借りた方が負担が少ないケースも考えられるのです。手軽に利用できるサービスなのでついつい何度も使ってしまいがちですが、資金調達が必要になった場合には本当に現金化のサービスが一番お得なのか、適切な選択肢なのかどうかをよく検討した上で判断した方がよいでしょう。